IPO間近のスナップ、最大32億ドルの調達を狙う 〜企業評価額は200億ドル前後

 写真共有アプリケーション「スナップチャット(Snapchat)」の親会社スナップ(Snap)は16日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)するための書類を米証券取引委員会(SEC)に書類を提出するとともに、企業評価額を195億ドル〜222億ドルに設定することを明らかにした。IPOの具体的日程は明らかにされていない。
 
 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、スナップはIPOによって最大32億ドルを調達する計画で、実現すれば、250億ドルを調達した中国アリババや、160億ドルを調達したフェイスブックに次ぐ大型IPOとなる。
 
 スナップは、友人間で送受信したテキスト・メッセージや画像が開封後に自動消去されるモバイル・アプリケーションによって若者のあいだで人気を獲得している。
 
 【https://www.wsj.com/articles/snap-sets-valuation-at-19-5-billion-to-22-2-billion-sources-say-1487221327】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...
  4. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  5. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る