電池式EVが最大トレンドに〜17年、コネクテッドカーも

 監査・アドバイザリーサービスのKPMGが自動車業界幹部を対象に実施している調査で、2017年の業界最大のトレンドとしてバッテリー式(EV)を挙げる人が50%を占めた。
 
 インサイドEVによると、続いて多かったのは、コネクテッドカー技術(テジタル化、モノのインターネットなど)の49%、燃料電池車の47%だった。16年はコネクテッドカー技術が50%でトップ、2位はHVで、EVは46%の3位だった。EVは15年調査では9位で、2年で大きく躍進した。
 
 一方、回答者の76%は「今後もかなりの期間、内燃エンジン(ICE)の方が電動式パワートレインより重要であり続ける」と考えていた。また、充電設備の不足などで「バッテリー式EVは失敗する」との見方を肯定する人は、完全に同意(22%)、部分的に同意(40%)を合わせて62%に上った。
 
 業界をリードするメーカーとしては、EV、自動運転車のいずれの分野でもBMWがトップ、テスラが2位だった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  2. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  3. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  4. 2016-11-23

    海外在住日本人は購入できない! 「ジャパン・レール・パス」の利用資格が一部変更

    JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  5. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る