スバル、加州で自動運転車の試験可能に

 富士重工業傘下のスバルが2月、カリフォルニア州陸運局から自動運転車の公道実験を許可された。これで同州の公道実験許可を受けた自動運転車開発企業は20社になった。
 
 テッククランチによると、スバルは過去8年以上にわたって交通情報の監視や速度設定の最適化、ドライバーに安全上の警告を行う支援技術「アイサイト(EyeSight)」を車両に搭載してきた。改良版は渋滞時の支援機能を追加し、時速40マイルまでスタート・ストップやカーブ走行が自動でできるようになる見込み。
 
 スバルはまた、2020年までに高速道路での車線変更やカーブ走行など半自動運転機能の実用化を目指している。
 
 カリフォルニアでは自動運転車の公道実験に陸運局の許可が必要。16年12月には、配車サービス大手のウーバーが当局の許可を受けないまま自動運転車を使った配車サービスの試験を行ったため、サンフランシスコ市内での試験サービスが中止に追いやられ、隣州のアリゾナに場所を変更した。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-11-5

    第167回 洗脳 VSメディア・リテラシー②

    前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  2. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  3. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る