企業市場にも「柔軟性ある働き場所」 〜ソフトバンクとウィーワークの思惑

 ソフトバンクは、米新興企業のウィーワーク(WeWork)に30億ドルという巨額投資を近く実行する。
 
 HRダイヴ誌によると、2010年にニューヨーク市で起業されたウィーワークは、「柔軟性ある働き場所」という概念をサービス化し、新興企業や起業家、フリーランサー、零細事業主たちに共用職場とサービス、そして起業家社会を提供する。
 
 建物は総ガラス張りで自然光が最大限に入り、共用スペースは美しくて居心地の良い雰囲気になるよう設計されている。施設内には、超高速インターネット接続のほか、机やいす、ランプ、ファイル・キャビネット、業務用プリンターが整備され、無料のコーヒーやお茶、飲料水、ビールが提供される。
 
 ウィーワークはそういった労働空間物件を米国内に約20都市、米国外ではロンドンやシドニー、ベルリン、北京、香港、テルアビブ、ソウルを含む17都市に展開する。
 
 スマートフォンやインターネット接続環境、遠隔労働の浸透にともなって、柔軟性の高い働き方の環境を整備することが企業や商業不動産所有者にもますます求められるようになっている。また、多くの企業ではそういった動向に対応するために、恒久的な労働空間を減らす傾向を強めている。
 
 ウィーワークの競合社であるサーブコープ(Servcorp、オーストラリア拠点)は、ニューヨーク市に進出することで米市場での存在感を一気に強めようと狙っている。サーブコープは米国内22ヵ所ですでに事業展開している。
 
 【http://www.hrdive.com/news/softbank-wework-deal-could-push-flexible-work-trend-further/437348/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  2. 2015-6-20

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 前編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  3. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  4. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  5. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る