ボトル水消費、ソーダ上回る〜16年の米飲料市場

 2016年、ボトル水の米消費量が炭酸飲料を上回ったことが、市場調査ベバリッジ・マーケティングのまとめで分かった。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、国内のボトル水販売は、1970年代のペリエ(Perrier)の登場以来増え続けているが、近年は甘味飲料の健康への影響や水道水への不安が高まったことを背景に加速。16年の国民1人当たりの年間消費量は39.3ガロンに達し、ついに炭酸飲料の38.5ガロンを超えた。
 
 小売売上高は213億ドルで、まだ炭酸飲料の方が395億ドルと多い。ボトル水の売り上げの26%は、2大ブランドの「ダサニ(Dasani)」と「アクアフィナ(Aquafina)」を販売する飲料大手コカコーラとペプシコが占め、現在両社はより高額なプレミアム・ブランドの販売促進を図っている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-7-5

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 後編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  2. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  3. 2015-10-26

    第86回 カリフォルニアのビーチ事情

     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  4. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  5. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る