EVとPHV、普及が早いのは?〜意識調査ではEVが優勢

 現在販売されているEVは、大別してバッテリーだけで走るEVと補助エンジンを搭載したプラグイン・ハイブリッド車(PHV)の2種類がある。それぞれに長所と欠点があり、最終的にどちらが市場を支配するかは分からないが、メーカー大手のトヨタ自動車はバッテリーEVよりPHVの方が短期間に多くの消費者に受け入れられると強く信じている。
 
 グリーンカーリポーツが自社のツイッター・フォロワーに尋ねたところ、よく分からないという人が多かったが、その中で恐らくPHVの方がバッテリーEVより早く普及するのではないかと答えた人が29%、PHVが早く普及することは疑わしいという人が33%だった。
 
 バッテリーEVがPHVより早く普及すると確信している人は30%で、トヨタのようにプラグインの勝利を確信している人は8%だった。よく分からない人と明確な考えを示した人を合わせると、PHVの支持者は37%、バッテリーEVは63%だった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  2. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  3. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  4. 2016-4-26

    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに 『Harry Potter』のテーマパークがオープン

     フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  5. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る