スマホがより大きく高価に〜大手2社が大画面の新商品

 スマートフォン販売が減速する中、業界大手サムスンとアップルはさらに画面が大きくより高価なモデルを投入している。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、サムスンは3月29日、最新モデル「ギャラクシーS8」を発表した。同社はS8にデジタル・パーソナル・アシスタント「Bixby」などの新機能を搭載したほか、2016年に旧モデル「ギャラクシー・ノート」の発火を引き起こしたバッテリー問題も解決したと強調している。
 
 しかし、S8の最大の売り物は新しい曲面ディスプレイ技術で、本体はわずかしか大きくなっていないのに比べて画面がずいぶん大きくなったように見える。
 
 スマホ利用者は画面の大規模な刷新を歓迎する傾向が強く、アップルがそれまでより画面の大きい「アイフォーン6」を発売した15年は販売台数が37%も増え、前年の13%増から伸びが加速した。
 
 しかし、消費者がこれ以上高価なスマホを受け入れるかどうかは分からない。ギャラクシーS8の米国での価格は約750ドルと、16年の旧モデルの発売価格より約12%も高い。アップルの今年の新型アイフォーンは1000ドルを超えるといううわさもあり、ハイエンド志向の消費者も購買意欲をなくす恐れがある。
 
 市場調査IDCによると、世界のスマホ販売で両社が占める割合は、12年には合わせて約50%に上ったが、より安い中国製品の増加で16年には36%に低下している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  2. 2016-11-23

    海外在住日本人は購入できない! 「ジャパン・レール・パス」の利用資格が一部変更

    JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  3. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  4. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る