カリフォルニアの干ばつ終了〜ブラウン知事が非常事態解除

 カリフォルニア州のブラウン知事(民主)は7日、過去最悪と言われる干ばつの終了を公式に宣言した。ただし、農業や市民生活への影響はまだ続きそうだ。
 
 ロイター通信によると、2011年後半に干上がり始めた貯水池の水量は、この数カ月間の大雨や山脈の雪解けで回復し、14年1月に同知事が発した非常事態令の大半を解除することが可能になった。知事は今回、農業の盛んなセントラルバレーの郡など4郡を除いて干ばつ指定を全面的に解除しながら、「非常事態は終わったが、次の干ばつが近いかもしれない。節水は生活習慣として続けなければならない」と訴えた。
 
 今回の干ばつは、同州の農業に数十億ドルの被害を与え、樹木はおよそ1億本が枯れ、50万エーカーの農地が休耕状態になり、一部の地域から安定した水源が失われた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  2. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  3. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...
  4. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る