カリフォルニアの干ばつ終了〜ブラウン知事が非常事態解除

 カリフォルニア州のブラウン知事(民主)は7日、過去最悪と言われる干ばつの終了を公式に宣言した。ただし、農業や市民生活への影響はまだ続きそうだ。
 
 ロイター通信によると、2011年後半に干上がり始めた貯水池の水量は、この数カ月間の大雨や山脈の雪解けで回復し、14年1月に同知事が発した非常事態令の大半を解除することが可能になった。知事は今回、農業の盛んなセントラルバレーの郡など4郡を除いて干ばつ指定を全面的に解除しながら、「非常事態は終わったが、次の干ばつが近いかもしれない。節水は生活習慣として続けなければならない」と訴えた。
 
 今回の干ばつは、同州の農業に数十億ドルの被害を与え、樹木はおよそ1億本が枯れ、50万エーカーの農地が休耕状態になり、一部の地域から安定した水源が失われた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  2. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  3. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  4. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  5. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る