マサチューセッツ、デジタル医療革新研究所に助成金 〜先端医療機器の開発を推進

 マサチューセッツ州政府のマサチューセッツ技術協力(Massachusetts Technology Collaborative=MTC)は、デジタル医療技術の開発促進に向けて、研究施設の新設計画に500万ドルの助成金を拠出する。同州のキャリン・ポリート副知事とGEの幹部らが共同声明で明らかにした。
 
 新たなデジタル医療革新技術研究所は、ウースター工科大学(Worcester Polytechnic Institute=WPI)内に設置される。WPIも950万ドル弱を出資し、GEヘルスケア生命科学(GE Healthcare Life Sciences)も250万ドルの資金と画像機器類を提供する。
 
 HITコンサルタント誌によると、それらの資金は、プラクティスポイント・アットWPI(PracticePoint at WPI)という名称のデジタル医療革新技術研究施設の整備に投じられる。
 
 医療機器技術の商業化に熱心なWPIでは、プラクティスポイントの開設によって、特にサイバー=フィジカル医療システム(Cyber-physical Healthcare System)の開発に取り組む計画だ。
 
 サイバー=フィジカルとは、日常のさまざまの身体状態をデータとして収集して定量化し、それを医療診断に役立てる手法。たとえば、身体に種々の検知器を多数取り付け、一定期間にわたって集めたデータを分析して健康状態を診断するといった応用法がある。
 
 プラクティスポイントでは、サイバー=フィジカルを土台にしてロボティック診断ツールをはじめ、手術ロボットや個人化治療、スマート・リハビリテーション機器の開発に注力する。
 
 プラクティスポイントはまた、手術、臨床、リハビリテーション、家庭医療という4分野での研究&開発を進めていく方針。
 
 MTCは、マサチューセッツ州政府の共同研究&開発助成制度によって運営されている。同制度は、5000万ドルの基金として2012年に設立された。マサチューセッツには、ケンブリッジやボストンを中心にデジタル医療技術新興企業や大手らが約350社もあり、州経済の重要な産業界を形成している。
 
 【http://hitconsultant.net/2017/04/17/mass-digital-health-innovation-grant/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  4. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  5. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る