アマゾン、家具ビジネスを強化〜各地に大規模な倉庫建設

 オンライン小売り最大手アマゾンが、家具の販売に力を入れている。
 
 ■食料雑貨に続く急成長分野
 
 ウォールストリート・ジャーナルが関係筋の話として伝えたところによると、アマゾンは大型商品を扱うための巨大な倉庫を4カ所以上作るなどして、家具や家電事業の強化を図っている。この分野で競合するのは、ウェイフェア(Wayfair)やポッタリー・バーン(Pottery Barn)といったブランドを所有するウィリアムズ・ソノマ(Williams-Sonoma)などだ。
 
 家具は米オンライン小売り業界でも急成長している分野の1つで、バークレイズによると2015年には18%増と食料雑貨に次ぐ大きな伸びを記録した。市場調査のIBISワールドによると、700億ドルに上る米家具市場の約15%はオンラインに移行しているという。
 
 しかし、家具市場は書籍や音楽、アパレルなど既に確立された分野と違い、大手でもまだ適切に対応できておらず、ウェブサイトでの品ぞろえのほか、ソファやダイニング・セットなどを購入者に届ける最も効率的な方法を含めて基本構想さえ固まっていないのが現状だ。
 
 アマゾンは何年も前から家具を販売しているが、最近はアシュリー・ファニチャー(Ashley Furniture)のソファやジョナサン・アドラー(Jonathan Adler)の家庭装飾商品を扱うなどセレクションを拡大しているほか、家具の個別デザイン・サービスも始めている。さらに配送時間も短縮し、受注後1〜2日で配達している地域もある。モルガン・スタンレーによると、同社はすでに調理器具やタオルなどの小物も含むホーム・ファーニッシング分野で約17%のシェアを押さえ、勢力を拡大している。
 
 ■課題は送料と特別サービスか
 
 ただし、アマゾンにとっても家具販売は他の分野ほど簡単には行かない恐れがある。まず、ソファなどの大きな家具は、配送車の荷台でスペースを取るため1日に配達できる量が限られ、配送コストがかさむ。また家具の購入者は、商品を家の中まで運び込み、希望の場所に置いて包装材などのごみも持ち帰ってくれる、いわゆる「ホワイトグローブ・サービス」を希望する人が多い。
 
 さらに、総じて消費者は今も家具の配達にかかる送料を受け入れているが、一部の小売店や物流会社はオンライン注文のより速い配達を求める圧力を感じている。ウェイフェアの場合、49ドル以上の購入で送料は無料となるが、配達までにかかる時間は1〜2日から2週間以上とかなりの幅がある。ポッタリー・バーンは商品価格に応じて送料を設定しており、高価な商品になると送料だけで100ドルを超える。これに対してアマゾンが直接販売・配達する家具は、有料の特典制度「プライム」会員および25ドル以上の購入で送料が無料になる。
 
 関係者によると、アマゾンは当面、イケアなど家具大手の配送センターやオンライン注文履行管理のXPOロジスティクスといった外部の物流業者に配送センターの管理や商品の配送を依存する可能性が高い。XPOは16年に1200万件の配送を行なっており、前年の900万件から大幅に増加している。
 
 ウェイフェアは、サービスとコスト面の改善を目指して約1年半前から独自の配送ネットワーク構築を進めており、アマゾンに関しては、ほんの新参であり適切な顧客サービスの提供は難しいと思われるため心配していないという。同社の事業は好調で、17年1〜3月期の売上高は予想を上回る前年比約30%増となっている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  2. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  4. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  5. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る