グーグル、デジタル広告の実店舗への効果も分析

 グーグルは、デジタル広告の販売促進を目的に、消費者が小売店のデジタル広告をクリックした後に実店舗でいくら使っているかを調べる新しいツールを発表した。
 
 APによると、分析はグーグルのサービスにログインしているユーザーの広告クリック全体と、クレジットおよびデビットカードによる購入全体を照合して行う。具体的にどんな商品が購入されたかや、個人がいくら使ったかは分からないというが、プライバシー問題を調査するポネモン研究所のラリー・ポネモン所長は「集計されたデータでも個人を識別できる情報に変換できることはある」と指摘する。
 
 グーグルは、データを追跡する他社との提携により、米国のクレジット、デビットカードを使った売り上げ情報の約70%を得られるという。このデータを広告のクリックと照合すれば、デジタル広告が実店舗の販売につながった時に自動的に店舗に知らせることができる。
 
 これまでは、消費者が広告をクリックしてもオンラインで何も買わなければ、広告主は「広告が無駄だった」と結論付ける可能性があった。新しい分析方法が機能すれば、グーグルは小売店にデジタル・マーケティング費用を増やすよう説得しやすくなる。こうしたデータは、グーグルが検索エンジンのほかGメール、ユーチューブ、アンドロイドを含むさまざまなサービスを通して集めたユーザーに関するデジタル情報に追加される。
 
 グーグルのスリダー・ラマスワミー上席副社長(広告・商取引担当)は「新しい分析システムは、安全でプライバシーを侵害しないよう、非常に優秀な人々と協議して作った」と強調する。これに対しポネモン氏は「現時点でグーグルは善意であっても、将来の企業や政府はそうでないかもしれない」と警告している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  2. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  3. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  5. 2016-3-27

    シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行 森とワインと国境と…

    クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブし...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る