スポーツ用品店には打撃か〜ナイキとアマゾンの提携

 スポーツ用品大手ナイキとアマゾンとの販売提携は、スポーツ用品店に打撃を与える可能性が高い。
 
 ロイターによると、ナイキはこのほど、靴やアパレル、アクセサリーの一部商品をアマゾンで販売する試験事業を行うと発表した。これで許可なくオンライン販売されるナイキ商品を排除し、流通をより詳細に管理することが可能になると見られている。
 
 しかし、スポーツ用品専門店はナイキへの依存度が高く、ナイキとアマゾンの提携が拡大すれば打撃はより深刻になる可能性があり、フット・ロッカー、ヒベット・スポーツ、ビッグ5スポーティング・グッズなど関連店の株価は軒並み下落している。
 
 スポーツ用品市場はすでにかなり低迷しており、今回のナイキとアマゾンの提携で店舗の閉鎖が一層増える可能性がある。ゴールドマンサックスによると、ナイキが公式ディーラーとしてアマゾンとの取り引きを拡張すれば、ナイキの米売上高は世界売上高の1%に相当する3億〜5億ドル増加する可能性があるという。
 
 とはいえ、ナイキは売り上げの3分の2を卸売りに依存しているため、アマゾンへの直接販売に関しては劇的な動きはないと見られている。ナイキはバランスを取るため、アマゾンでは非プレミアム商品の販売を増やし、実店舗とは独占契約をするといった可能性もある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  2. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  3. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  4. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  5. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る