FCA、バイパー生産終了へ〜コナー工場を8月末に閉鎖

 FCA US(旧クライスラー)は、スポーツカー「ダッジ・バイパー(Dodge Viper)」の生産を2017年8月末で終了し、同時に同モデルを生産するデトロイトのコナー組立工場を閉鎖すると発表した。
 
 オートモーティブ・ニューズによると、車両価格が9万ドル、大馬力が売り物のスポーツ・クーペでもともと販売数が限られていたバイパーについて、FCAは15年に全米自動車労組(UAW)と交わした労働協約で17年の生産終了を予定していた。
 
 25年以上前からバイパーを生産するコナー工場は、FCAの北米工場では最も規模が小さい。現在は80人がバイパーを手で組み立てている。6月末にFCAがミシガン州に提出した書類によると、全員を別の工場への配置転換の対象にできる見込み。バイパーの16年販売台数は、前年比8.7%減の630台だった。
 
 生産終了の理由は、9月1日から施行される新しい自動車の安全基準にバイパーが適合しないため。FCAは1年以上前から「生産終了間近」をバイパーの売り文句にしていた。販売の増減が激しいため、他工場からの移籍者が多いコナーの従業員は頻繁なレイオフ(一時帰休)に苦しんでいるが、バイパーは旧クライスラー時代からメーカーを代表する高級スポーツであり、従業員の思い入れが強いモデルでもある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-11-3

    REPORT 乳がん早期発見啓発セミナー Part2

    「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  2. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  3. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  4. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る