米国人の約4割がオンラインの嫌がらせ経験

 米国人の約10人に4人がフェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアなどでオンライン・ハラスメントを受けた経験があることが、ピュー・リサーチ・センターの調査で分かった。
 
 ロイター通信によると、調査に答えた4248人のうち、オンラインで中傷や辱めなどの嫌がらせの対象になったことがあると答えた人は41%に上り、その割合は2014年に同様の調査を実施した時の35%から上昇した。また、ほぼ20%は身体的脅威、ストーカー行為、セクハラといったより深刻な嫌がらせを経験していた。
 
 男女別では、男性(44%)の方が女性(37%)よりハラスメントの経験者が多かった。ただし性的嫌がらせを受けたという人は女性、特に若い女性に多く、18〜29歳の女性の2割がオンラインでセクハラを受けたと答え、50%超が性的に露骨な画像を勝手に送られたと答えた。
 
 オンライン・ハラスメントが起きる場所として最も一般的なのはソーシャルメディアで、58%が最近の問題はソーシャルメディアで起きたと答えた。ただしフェイスブック、ツイッター、グーグルなどのソーシャルメディアは、サービス利用者が投稿する情報の取り扱いでは連邦法で幅広く保護されており、情報削除の合理的な方針を導入している限り、第三者に関する情報が不快または不法というだけでは訴えられることはない。
 
 これらの企業は独自の利用規約でさまざまな種類の画像を規制しているが、違反行為に関しては利用者からの報告に大きく依存している。報告があれば社員や請負業者が調査し、場合によっては削除している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  2. 2017-2-5

    第147回 Personal Articles 保険について

     ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  3. 2016-8-7

    アメリカで手に入る 食材で日本の味を

    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  4. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る