「ながらスマホ」運転摘発へ〜NY州、発見器の合法性調査

 ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、交通事故を起こしたドライバーが運転中に携帯電話を使っていたかどうかを警察が判断できる新技術とその合法性について調査すると発表した。
 
 オートモーティブ・ニュースによると、この技術は飲酒運転の呼気検査器ブレサライザー(Breathalyzer)にちなんでテキスト発見器「テキスタライザー(textalyzer)」と呼ばれており、ドライバーがテキストしながら運転していたかどうかなどが分かる。
 
 ニューヨーク州は2009年にすべてのドライバーに運転中の手持ち型通信機器使用を禁じており、国内ではほかに13州とワシントンDCが同様の規則を導入している。また、47州とワシントンDCでは運転中のテキスト受送信も禁じられている。
 
 クオモ知事は「法で禁じられているにもかかわらず、一部のドライバーは運転中のテキスティングを続け、自身と周囲に大きなリスクを負わせている。今回の調査で、こうした無謀行為の取り締まりに新技術を使った場合の有効性や、ニューヨーカーの安全とプライバシー保護への影響を徹底的に調べる」と話した。
 
 調査を実施する州の交通安全委員会は、報告書をまとめる前にこの技術の支持者と反対者、関係当局の係官、法律専門家などから意見を聞く予定。テキスタライザーは現在、イスラエルのテクノロジー企業セレブライト(Cellebrite)が開発中で、販売への準備が整うまでにあと数カ月かかるという。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  3. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  4. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  5. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る