セックス・ロボットは性犯罪を抑止できるか 〜人工知能、ついに性産業にも進出

 人工知能(AI)が世界の風俗産業界に進出し、人間に近い性的満足感を提供するセックス・ロボットが広まりつつある。
 
 ロイター通信によると、リスポンシブル・ロボティクス財団(FRR、オランダ拠点)が発表したセックス・ロボット市場に関する報告書は、急速な技術進化によって50種類の体位を自動で提供できる「アンドロイド・ラブドール」がすでに開発されていると報告した。
 
 利用者は、乳房のかたちや陰毛の色まで選べる。価格は1体5000〜1万5000ドル。
 
 精巧なセックス・ロボットは、興味のない人や政治家にとって決して無縁ではない。たとえば、性犯罪者や身体障害者のために性的治療施設でセックス・ロボットの利用を奨励すべきかどうかという課題が議論されつつある。
 
 FRRの報告書では、「セックス・ロボットは性犯罪を減らす効果があるか」という異論のもっとも多い争点をいくつか検討し、学者や一般市民、業界関係者らに意見を求めた結果、大きく割れる実態を報告している。
 
 ロボットと性行為することで強姦欲を抑えられるという意見が多数あった一方で、ロボットとの性行為は不健全であり、それによって幻想が満たされれば、何らかの悪影響が社会におよぶ、という意見も多かった。
 
 「最高のロボットでも、性的絶頂に達したふりをできるだけで愛を感じることはできない」と報告書は指摘している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...
  2. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  3. 2017-3-1

    現地取材 レポート 今、全米が注目! テキサス最新事情

    ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...
  4. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  5. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る