電力会社、日食の影響を注視〜太陽光発電「最大のテスト」に

 米国の広い範囲で21日に観測される皆既日食が太陽光発電に及ぼす影響を、電力会社や給電網運営会社は注視している。皆既日食は代替エネルギー発電時代の最大のテストとなりそうだ。
 
 ロイター通信によると、電力関連会社は何年も前から、日食の時間やその間の発電量の落ち込みを試算し、需要への影響を模擬実験し、補助電源をいくつも用意するなど、今回の皆既日食の準備を進めてきた。代替エネルギー発電量が相当の幅で変動する場合の管理能力の訓練として、各社はこの天体ショーを重視している。
 
 北米電力信頼性評議会(NERC)によると、2000年に5メガワット(MW)だった米国の太陽光発電量は、現在4万2600MWを超え、ピーク需要の約5%を占めている。次に米国で日食が起きる24年には全米発電量の14%を占めると推定される。
 
 カリフォルニア州の送電系統を管理するカリフォルニア独立系統運用機関(CAISO)のスティーブン・グリーンリー広報担当者は「以前にも試験は行われたが、これほど大規模ではなかった」と話した。CISOによると、同州の通常の太陽光発電力は8800MWだが、皆既日食のピークには3100MWに減少し、その後日光が強まるにつれて9000MW超へと急回復すると予想される。
 
 CISOは今回の準備に当たり、15年にドイツで起きた日食で独電力事業者らがどのように対応したかも調査した。その結果、グリッド管理者に対し、通常準備する補助電力250MWに200MWを追加するよう促している。グリーンリー広報によると、CISOは「日食の間、太陽光が弱まることで発電力が毎分約70MW落ち、その後は毎分約90MWで回復する」と計算している。
 
 電力会社はサービスが中断することはないと見ているが、問題が発生した場合、消費者には電気の使用を諦めるよう求める準備も進めている。サンディエゴ・ガス&エレクトリックのキャロライン・ウィン最高執行責任者(COO)は「当社は、ソーラー発電量が大幅に落ちても需要を満たすのに十分な資源を確保していることを強調したい」と述べた。東部の電力会社には、西側の電力会社の動きを見ながら対応するだけの時間的余裕がある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  2. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  3. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  4. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 2017-8-4

    第55回 良質でリーズナブルなカリフォルニアワインを探す

     カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る