労働権法成立で誘致に強み〜トヨタ-マツダ工場でミシガン

 トヨタ自動車とマツダが16億ドルを投じて建設する新しい米国工場の誘致競争で、ミシガン州は労働者に組合への加入を強要しない労働権(RTW)法を成立させたことで選ばれる可能性が高いと期待している。
 
 デトロイト・フリー・プレスによると、トヨタとマツダは2017年8月初め、約4000人を雇用する組立工場を米国に建設すると発表した。ただし場所は明らかにしておらず、全米の地域経済開発担当者や州知事が公式、非公式に誘致活動を行っている。
 
 両社は同時に、詳細を明かさないまま中西部、大西洋中部、南部の複数州に誘致案の提示を要請したもようで、ミシガン州経済開発公社(MEDC)によると同州もその1つ。オーティ・マッキンリー報道官は「州は少し前にこのプロジェクトに入札した。プロジェクトの詳細は不明で、提案要請を行った企業名すら知らされていない」と話した。
 
 トヨタとマツダは有力な候補地を明らかにすることを避けており、「計画を固める過程で建設地選定に関する詳しい情報を発表する」(トヨタ)予定だ。リック・スナイダー知事は「ミシガンは車の研究・開発(R&D)分野の主導的立場にあり、合弁工場の建設地としては国内で最適の場所。技術者や専門分野の人材も豊富だ」と優位性を強調している。
 
 ミシガンは米3大自動車メーカーの本拠地であり、組立工場も多く、ほとんどの自動車メーカーがエンジニアリング拠点を置いている。トヨタも1970年代以降、アナーバーとヨークの技術センターを継続的に拡張し、現在は1600人を雇用している。
 
 これまでは労働組合の存在が大きな障害となって同州に組立工場を作る外国の自動車メーカーはなかったが、デトロイト地域商工会議所のグレン・スティーブンス副会頭は「これは以前ほど問題ではなくなった。今は労働権法が成立しており、一部の企業は組合と密接な関係を持っているが、組合のない会社もある」と話している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  2. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  3. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...
  4. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  5. 2013-8-20

    シリーズ世界へ! YOLO⑫ 行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica) 〜前編

    Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る