労働権法成立で誘致に強み〜トヨタ-マツダ工場でミシガン

 トヨタ自動車とマツダが16億ドルを投じて建設する新しい米国工場の誘致競争で、ミシガン州は労働者に組合への加入を強要しない労働権(RTW)法を成立させたことで選ばれる可能性が高いと期待している。
 
 デトロイト・フリー・プレスによると、トヨタとマツダは2017年8月初め、約4000人を雇用する組立工場を米国に建設すると発表した。ただし場所は明らかにしておらず、全米の地域経済開発担当者や州知事が公式、非公式に誘致活動を行っている。
 
 両社は同時に、詳細を明かさないまま中西部、大西洋中部、南部の複数州に誘致案の提示を要請したもようで、ミシガン州経済開発公社(MEDC)によると同州もその1つ。オーティ・マッキンリー報道官は「州は少し前にこのプロジェクトに入札した。プロジェクトの詳細は不明で、提案要請を行った企業名すら知らされていない」と話した。
 
 トヨタとマツダは有力な候補地を明らかにすることを避けており、「計画を固める過程で建設地選定に関する詳しい情報を発表する」(トヨタ)予定だ。リック・スナイダー知事は「ミシガンは車の研究・開発(R&D)分野の主導的立場にあり、合弁工場の建設地としては国内で最適の場所。技術者や専門分野の人材も豊富だ」と優位性を強調している。
 
 ミシガンは米3大自動車メーカーの本拠地であり、組立工場も多く、ほとんどの自動車メーカーがエンジニアリング拠点を置いている。トヨタも1970年代以降、アナーバーとヨークの技術センターを継続的に拡張し、現在は1600人を雇用している。
 
 これまでは労働組合の存在が大きな障害となって同州に組立工場を作る外国の自動車メーカーはなかったが、デトロイト地域商工会議所のグレン・スティーブンス副会頭は「これは以前ほど問題ではなくなった。今は労働権法が成立しており、一部の企業は組合と密接な関係を持っているが、組合のない会社もある」と話している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  2. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  5. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る