ロンドンはまだ金融センター〜 EU離脱決定後も高評価

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)が決まっても、ロンドンは依然として世界で最も魅力的な金融センターとの評価を維持していることが、英シンクタンクZ/Yenグループの最新調査で分かった。2位との差も過去最大となっている。
 
 ロイター通信によると、Z/Yenがインフラや優秀な人材へのアクセスといった要因に基づいて92の金融中心地を順位付けする2017年「グローバル金融センター指数」(GFCI)は、ロンドンが780ポイントで首位となり、2位以下はニューヨーク(756)、香港(744)、シンガポール(742)と続いた。ロンドンとニューヨークの差は24ポイントで、調査が始まった07年以来最大。一部の政治家や経済学者は、ブレグジットによってロンドンは金融中心としての優位性を失うと予想しているが、その兆候はほとんど見られない。
 
 Z/Yen調査では、ニューヨークの評価は前年から24ポイントも低下し、上位グループの中でも最大の落ち込みを記録した。米国の貿易政策に対する懸念が原因と見られる。トランプ大統領は就任以来、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から離脱するなど、より孤立した経済政策を進めている。
 
 一方、英国で最も強力なロビー団体ザシティUKは、国は現状に満足せず、正式にEUを離脱する19年4月以降に向け、離脱のための手順を早く明確にするよう警告している。マイルス・セリックCEOは「これがないため、多くの企業はすでに緊急対応計画を発動させている。できるだけ早く、どんなに遅くても年内にはそれを固めないと、まちがいなく他の企業も追従するだろう」と述べた。
 
 今回調査が実施された6月以降、ブレグジットに関する英国とEUの協議はとげとげしさを増している。金融業界ではこの2カ月、離脱完了後はEUに新支店を開設するという銀行が増えており、米国、英国、日本の大手のほとんどはフランクフルトかダブリンに開設を予定している。GFCI順位では、フランクフルトは前年の23位から11位に、ダブリンは33位から30位に上昇している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  2. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  3. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  4. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  5. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る