スプリントとTモバイル、大筋合意に間近 〜ドイツ・テレコムが51〜60%をにぎる

 ソフトバンク傘下のスプリントとドイツ・テレコム傘下のTモバイルの合併交渉は、数日以内にも基本合意に達し、10月末までには最終合意が成立する見通しとみられる。
 
 ロイター通信が、匿名希望の関係筋の話として報じた。それによると、スプリントとTモバイルの合併後の新会社の51〜60%をドイツ・テレコムがにぎることが既定路線となっている。
 
 Tモバイルは、約2年前ほどまで米携帯電話サービス業界4位だったが、強気の加入者獲得策を展開したことでスプリントを抜いて3位に浮上した。
 
 両社は、基本合意のあとにそれぞれの資産を緻密に査定して、最終合意に向けた詳しい条件について協議を続ける。
 
 【https://www.reuters.com/article/us-sprint-m-a-tmobile-exclusive/exclusive-t-mobile-sprint-close-to-agreeing-on-deal-terms-sources-idUSKCN1BX1EK】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  2. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  3. 2013-8-20

    シリーズ世界へ! YOLO⑫ 行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica) 〜前編

    Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...
  4. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...
  5. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る