ダイソン、電気自動車市場に参入へ〜予算30億ドル弱、2020年までに発売

 高級ハイテク掃除機製造大手のダイソン(Dyson)は26日、電気自動車(EV)を2020年までに市場投入する計画を明らかにした。
 
 ダイソンがEV市場に参入する可能性は長らく噂されてきた。今回の発表によって噂ではなく事実となった。
 
 テッククランチ誌によると、同社の創設者であるジェイムズ・ダイソンCEOは、同社製品のトレードマークであるサイクロニック・モーターの技術をEV向けエンジンに応用する計画を社員向け電子メールのなかで説明した。
 
 同社は、会社の目標として、世界の公害を抑制することを掲げている。EV開発計画はその目標の延長線上にある、とダイソン氏は話している。
 
 ダイソン氏によると、同社の掃除機やハンド・ドライヤーに使われているサイクロニック・モーターはもともと、ディーゼル・エンジンの排気を大気中から奪うという同氏の願望から開発された。
 
 当初のその発想は、車のエンジン向けに開発されることはなく、掃除機向けに姿を変えて進化してきた。
 
 ダイソンには、専門分野ごとの開発班がいくつもある。そのなかにはモーターのほか蓄電池もある。蓄電池はEVに欠かせない最重要部品の一つだ。
 
 同社はEV開発専門部隊を編成しており、自動車業界のベテランを多数含む自動車工学や電子機器、電池の技術者らを雇って、EV開発部隊の拡充に注力してきた。現在、同部署に配属された専門家の数は400人を超える。同社は、EV開発予算として30億ドル弱を投資する。
 
 【https://techcrunch.com/2017/09/26/dyson-is-working-on-an-electric-car-set-to-launch-by-2020/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  2. 2017-8-4

    第55回 良質でリーズナブルなカリフォルニアワインを探す

     カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  3. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  4. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  5. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る