ビットコインは通貨としての機能を果たせず 〜UBSの会長も否定的見方を明示

 スイスの金融大手UBSのアクセル・ウェーバー会長は、仮想通貨のビットコインが通貨のもっとも重要な機能の一部を果たさないと指摘した。
 
 仮想通貨についてはこれまでにも複数の銀行幹部が否定的な考えを表明している。
 
 ロイター通信によると、ウェーバー氏は、スイス金融研究所が主催する会議において、「ビットコインになぜ懐疑的なのかよく聞かれる」「理由はおそらく、ドイツ連邦銀行(中央銀行)の前総裁という私の経歴に由来するだろう」と話した。
 
 「通貨の重要な機能は決済手段であり、したがって一般に受け入れられなければならず、また、価値の蓄えでなければならず、さらに取ろ引き通貨でなければならない。」「ビットコインは取り引き通貨でしかない」と同氏は指摘した。
 
 ビットコインは、個人間で価値をやりとりでき、銀行や主流の金融システムを迂回して商品やサービスへの支払いを可能にするデジタル通貨として一部で流通している。
 
 しかし、米銀行大手JPモルガン・チェイスのジェイミー・ダイモンCEOは、「ビットコインは詐欺」と9月に批判し、取り引きした従業員を解雇すると言明している。金融危機後に台頭した仮想通貨は、技術信奉者や政府の金融政策に懐疑的なリバタリアン(自由至上主義者)をはじめ、投機性に引かれる人々から支持されている。
 
 ウェーバー氏はその一方で、ビットコインの土台となっているブロックチェーン(分散型台帳)技術については肯定的な考えを示し、やがてはデジタル台帳の考え方が広く受け入れられるだろうという見方を示した。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  2. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  3. 2018-3-1

    寿司、ラーメンに続け 日本の「定食」の認知度向上へ

    テキサス進出の好機  2016年3月にカリフォルニア州のパロアルトに1号店をオープンし...
  4. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  5. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る