ハイアット、11ヵ国41ホテルでカード情報流出か 〜3月〜7月に不正アクセス被害

 大手ホテル・チェーンの米ハイアット・ホテルズ(Hyatt Hotels、イリノイ州拠点) は、世界中で運営するホテル群のうち11ヵ国の41ヵ所で、利用客らのクレジット・カー ド情報への不正アクセスが見つかったことを明らかにした。
 
 ロイター通信によると、不正アクセスされた期間は2017年3月18日から7月2日まで で、それらのホテルのフロントで決済処理したカードの所有者名とカード番号、有効期 限、認証番号といった情報が盗まれた恐れがある。
 
 不正アクセスされたホテルがもっとも多かった国は中国で、その数は18ヵ所。米国は 11ヵ所だった。
 
 ハイアットでは2015年にも、約50ヵ国のホテル250ヵ所でコンピュータ・システムの マルウェア感染が見つかっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  2. 2018-11-21

    H&X Technologies, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるH&X Technologies, Inc.のC...
  3. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  4. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  5. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る