ハイアット、11ヵ国41ホテルでカード情報流出か 〜3月〜7月に不正アクセス被害

 大手ホテル・チェーンの米ハイアット・ホテルズ(Hyatt Hotels、イリノイ州拠点) は、世界中で運営するホテル群のうち11ヵ国の41ヵ所で、利用客らのクレジット・カー ド情報への不正アクセスが見つかったことを明らかにした。
 
 ロイター通信によると、不正アクセスされた期間は2017年3月18日から7月2日まで で、それらのホテルのフロントで決済処理したカードの所有者名とカード番号、有効期 限、認証番号といった情報が盗まれた恐れがある。
 
 不正アクセスされたホテルがもっとも多かった国は中国で、その数は18ヵ所。米国は 11ヵ所だった。
 
 ハイアットでは2015年にも、約50ヵ国のホテル250ヵ所でコンピュータ・システムの マルウェア感染が見つかっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  2. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  3. 2017-3-2

    第101回 エネルギー

     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  4. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る