ライン、タイムズ・スクエアに小売店 〜キャラクターを活用し普及加速を狙う

韓国インターネット大手ネイヴァーの日本子会社ライン(LINE)は、ニューヨーク市 中心の繁華街タイムズ・スクエアに、米国初のオリジナル・キャラクター商品小売店を ことし夏に開き、「ブラウン」や「コニー」といったぬいぐるみが人気を集めている。世界中から訪れる観光客に訴求し、ライン・アプリケーションの利用につなげたい考 えだ。

小売店の入り口には、人の背丈を超える巨大なブラウン人形が飾られている。店舗の 広さは約430平方メートルで、文具やマグを含む多種多用のキャラクター商品が陳列さ れている。

ライン小売店は、親会社の本社がある韓国や日本にもある。

ラインは、日本やアジアの一部で利用者が多く、世界での利用者数は2億人以上。そ れに対しモバイル・メッセージング・アプリケーション市場最大手のワッツアップ(フ ェイスブックに買収された)の利用者数は約13億人。中国のウェイシン(微信)は9億 人以上を抱える。

タイムズ・スクエアでの出店は、知名度を上げることでアプリケーションの普及を刺 激したいというラインの思惑がある。

ただ、タイムズ・スクエアのライン小売店に訪れる客のなかには、ラインが元来、モ バイル・メッセージング・アプリケーションであることを知らない人も少なくない。そ のため、キャラクター商品からアプリケーション利用者に転換させる工夫が求められて いる。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  2. 2017-5-4

    トピックス もしかしてノイローゼ? 7つの前兆

    集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  3. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  4. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  5. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る