グーグル、アンドロイド・アプリのバグ探しに賞金

 グーグルは、アンドロイド端末向けにアプリケーションなどのコンテントを販 売する「グーグル・プレイ」ストアからのバグ(ソフトの欠陥)排除を目的に、 アンドロイド系アプリの欠陥を見つけたセキュリティ専門家に賞金を提供する催 し「Google Play Security Reward Program」を開始する。
 
 ロイター通信によると、8年前に立ち上げられたグーグル・プレイのアプリに は、競合するアップルの「アップ・ストア」に比べマルウェア(不正ソフト)な どの問題がはるかに多いといわれており、催しではグーグル・プレイの自動検出 システムを強化するため、グーグルが欠陥1件当たり少なくとも1000ドルを支払 うという。
 
 バグのバウンティ・プログラム(賞金制度)を運営するウェブサイト、ハッカ ーワン(HackerOne)と提携して、ユーザーをフィッシング(偽装詐欺)サイト に誘導したり、端末をウイルスに感染させたりするアプリや欠陥などを標的にす る。グーグル・プレイのビニート・ブッチ商品管理責任者は「本当に巧妙な工作 を見つける能力では、ソフトウェアのスキャンは人間に及ばない」と話してい る。
 
 これまでマイクロソフト、アップル、アルファベットの同種の催しでは、自社 が開発したソフトウェアの欠陥だけに賞金を払ってきたが、今回は実質的に、他 社が開発したソフトのチェックにも資金を提供することになる。ブッチ氏は「自 社のアプリだけではなく、市場全体の健全性を考えている。個人的には知らない 行方不明者を見つけた人に賞金を提供するようなもの」と説明している。
 
 グーグルが2015年6月に立ち上げた携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイ ド」を対象とするバグ・バウンティ・プログラムでは、最初の2年間に数百件の 弱点が指摘され、同社は150万ドルを払っている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  2. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  5. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る