11社がMシティーに1100万ドルを投資へ 〜自動運転車試験施設の模擬市街

 自動車製造大手らを含む計11社は、ミシガン大学が進める自動運転車試験施設のMシティー(Mcity)に今後3年間で総額1100万ドルを投資する。
 
 投資する11社は、フォードやGM、ホンダ、トヨタを筆頭に、デルファイ、デンソー、 ベライゾン、インテル、LG、ステイト・ファーム・ミューチュアル自動車保険、そして エコノライト(Econolite)。
 
 デトロイト・ニュースによると、自動車メーカーや部品供給業者は、自社の自動運転技術の実証を目指し、インテルは車載チップの開発を強化し、それ以外の会社らは交通管理システムとそれに関する通信網技術を提供する。
 
 「自動運転車社会の実現に向けて自動車業界と技術業界、通信業界の収束が加速している」とデトロイト商工会議所のグレン・スティーブンス代表は指摘する。
 
 Mシティーは、自動車の無線通信機能や無人車の新技術を試験するために構築された 模擬市街(市街を模してつくられた実物大かつ実験用の町)で、アナーバーにあるミシガン大学ノース・キャンパスのなかにある。
 
 今回の投資発表は、ミシガン州イプシランティ市にあるアメリカン・センター・フォー・モビリティー(American Center for Mobility=ACM)に韓国現代が500万ドルを投資することを表明した1週間後に明らかになった。ACMには、フォードとトヨタがそれぞれ500万ドルを投資している。
 
 Mシティーとミシガン大学の輸送研究所(Transportation Research Institute)が次世代車の研究に投じる投資総額は、2020年までに1億ドルを超える見通しだ。
 
 【http://www.detroitnews.com/story/business/autos/mobility/2017/10/31/mcity-car-test-site-gets-boost-industry/107210346/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  2. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  3. 2016-8-7

    アメリカで手に入る 食材で日本の味を

    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  4. 2016-12-1

    シーズン到来! とっておきのギフトアイデア20選

    Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  5. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る