技術大手ら、雇用契約金で人材獲得を図る 〜フェイスブックとアマゾン、4万ドル以上を提示

 技術業界の大手らは近年、技術者採用時に契約金を提示することで、若くて優秀な技術者らの獲得を強化している。
 
 この数年ほど、データ科学者やアルゴリズム開発者、人工知能技術者を筆頭に、技術者の需要は技術業界のみならず自動車や製薬、金融、小売、保険といった業界でも強まっている。
 
 そのため技術大手らは、年俸10万ドル級の初任給だけでは優秀な人材を確保できなくなってきたことを受けて、契約金を払っている。雇用側は、採用者全員に雇用契約金を払っているわけではなく、選ばれた技術人材だけに提示している。
 
 アントレプレナー誌が報じたオンライン職業助言サービス会社ペイサ(Paysa)の調査結果によると、フェイスブック(Facebook)とアマゾン(Amazon)の2社が平均4万ドル以上、ピンタレスト(Pinterest)とドロップボックス(Dropbox)が平均3万ドル以上の契約金を払っていることがわかった。
 
 契約金の提示には、優秀な技術人材を獲得できる効果がある程度はあるものの、長期的な人材確保の面では不十分であることも判明している。
 
 ペイサによると、契約金を得て就職した技術者たちの平均勤続年数は20数ヵ月だ。彼らの多くは、よりよい条件を求めて他社に移籍するか引き抜かれる。さらには、みずから起業するために退社する人も多い。
 
 契約金が提示される雇用契約では通常、入社から2〜3年間は辞めないことが条件として規定されることが多い。それ以上長期の勤続義務を課せば、他社に逃げられる可能性が高まる。雇われる方も、2〜3年以上の勤続を義務付けられるくらいなら、2〜3年後にはその契約金以上を簡単に稼げることを知っている。
 
 【https://www.entrepreneur.com/slideshow/304043?utm_source=google- news&utm_medium=syndication&utm_campaign=google-editors- pick&google_editors_picks=true#】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  2. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...
  3. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  4. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  5. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る