ウォルマート、モバイル決済でアップル抜く勢い

 米国で利用されるモバイル決済サービスのうち、小売り最大手ウォルマート・ストアズが運営するアプリケーション「ウォルマート・ペイ(Walmart Pay)」 が、利用者数でIT大手アップルの「アップル・ペイ(Apple Pay)」を追い抜きそうな勢いを見せている。スマートフォンを使って買い物をする人が増える中、ウォルマートの影響力が一層高まる可能性がある。
 
 ブルームバーグ通信によると、現在4774店舗で使えるウォルマート・ペイは、新規利用者の増え方が4、5カ月前の1日数千人から今は数万人に急上昇している。ウォルマート・ペイ事業を統括するダニエル・エッカート副社長は「同サービスを試した人の3分の2が21日以内に再び利用している」と話し、国内加盟店での利用者数でウォルマート・ペイがいずれはアップルペイを上回ることに自信を見せる。
 
 市場調査クローン・コンサルティングのリチャード・クローンCEOは、国内で月に2回以上利用する人の数はウォルマートが2018年末までにアップル・ペイを上回ると予想する。
 
 ウォルマートは、アップル・ペイによる決済を受け付けない小売店では最大の業者だ。アップルは14年にアップル・ペイのサービスを始めて以来、サービスを導入したい小売店や銀行に対して思い通りの条件をつけ、ベストバイ、メイシーズ、ウォルグリーンといった大手はこれを受け入れた。しかしウォルマートはこれを拒み続け、アップルに1年以上遅れて15年12月に独自の決済サービスを始めた。
 
 関係筋によると、ウォルマート・ペイを始めた直後、ウォルマートはアップルと接触し、アップル・ペイをウォルマート・ペイに統合する案を持ちかけた。協議は16年3月まで続いたが、融合が技術的に難しいことから破談になったという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  2. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  3. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2018-1-3

    全米中から熱視線 大谷翔平、エンゼルス入団

    エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る