ホンダ、世界規模で新興企業と協力へ

 ホンダの研究所Honda Innovations(シリコンバレー拠点)は、新興企業と協力して技術革新を進めるオープン・イノベーション事業「ホンダ・エクセラレーター(Honda Xcelerator)」を、デトロイト、日本、中国、欧州にも拡大して国際展開すると発表した。
 
 オートノマス・ビークル・テクノロジーによると、ホンダ・イノベーションズ は2015年からシリコンバレー、ボストン、イスラエルでエクセラレーター事業を開始し、エネルギー、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)、パーソナルモビリティ、自動運転、人工知能(AI)、先進素材、ロボティクスなどの分野を中心に新興企業への資金援助、協業の場や専門家による支援の提供などを行ってきた。
 
 ホンダの目的は、各地の新興企業コミュニティと深く関わることで優れたイノベーターとホンダの双方が得をする関係をつくり、新しい商機を見つけること。 ホンダ・イノベーションズの杉本直樹CEOは「ホンダを取り巻くイノベーション のスピードは、スタートアップ・コミュニティの拡大とともに世界規模でますます加速しており、ホンダの将来の製品やサービス、ビジネスを大きく変える可能性がある。デトロイト、日本、中国や欧州への提携拡大が、相互に利点のある新しいビジネス機会の創出につながると期待している」と語る。
 
 「エクセラレーター」でホンダがこれまでに支援したスタートアップには、LEIA 3Dやボーカルズーム(VocalZoom)などの企業がある。LEIA 3Dとの提携では、ナノテクノロジーを使ってどの角度から見ても自然な立体に見える3D表示が可能な車載ディスプレイを開発した。ボーカルズームとは、光工学を使って音声をより正確に読み取る技術を利用し、車内体験の改善を目指している。
 
 ホンダはこれまでも、世界の主なイノベーション拠点の新興企業とつながるため、インキュベーター(産業育成団体)のマスチャレンジ(MassChallenge、ボストン)やドライブ(Drive、テルアビブ)、クラウド・ファンディング・プラットフォームのアワクラウド(OurCrowd、エルサレム)などとも提携している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  2. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...
  3. 2017-12-1

    労働許可書申請と同時に ソーシャルセキュリティ番号を取得

    米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  4. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  5. 2016-11-23

    海外在住日本人は購入できない! 「ジャパン・レール・パス」の利用資格が一部変更

    JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る