車のミラーが大きく変わる〜10年後はHDカメラと交代か

 車のバックミラーやサイドミラーが、今後10年で劇的に変わりそうだ。
 
 ■コストを上回る利点
 
 オートノマス・ビークル・テクノロジーによると、市場調査IHSマークイットは最新の報告書「Camera and Display Mirrors Report」で、高精細(HD)カメラとディスプレイの組み合わせが鏡だけを使った従来のミラーと置き換わるかこれを補完するようになり、燃費や航続距離の改善に貢献しながら可視性や安全性を高めると予想している。こうした技術は向こう10年で急速に定着する見込みだという。
 
 後方の様子をカメラで捉え、ディスプレイに表示するリアビュー・ディスプレイミラーは、最初に使われて以来、視野が大幅に拡大し、後部座席の人の顔やピラーが邪魔にならないことでその便利さを証明している。視野が広がるとドライバーの快適さや注意力も向上する。
 
 これを最初に導入したのはゼネラル・モーターズ(GM)で、2015年に高級車「キャデラック」部門で採用した後、「シボレー」にも拡大し、次は「ビュイック」モデルで提供する。他メーカーでは日産自動車が18年型「アルマダ」に搭載するほか、他社も後を追う予定だ。
 
 リアビュー・ディスプレイミラーの年間生産台数は、日本や北米を中心に25年には180万個に近づくと予想されている。普及の大きな障害はコストだが、比較的安い従来のバックミラーからより複雑なカメラ・ディスプレイ・システムへの切り替えは進んでおり、多くの自動車メーカーは他社との違いを出せることや視認性の改善といった利点に引かれると考えられる。
 
 サイドミラーの鏡の部分が小さくなるまたはなくなることで空気抵抗が下がり、燃費の向上も期待できる。何十年も試作車で新デザインを模索してきた設計者たちは新しい自由を歓迎し、今は規制当局者らもこの技術を支持し始めている。
 
 ■不可欠な機能の1つに
 
 この結果、サイドビュー・ディスプレイミラーの市場も拡大し、IHS報告書は12〜24カ月以内には最初の生産が始まり、25年までに年間50万台近くの新車でサイドミラーがカメラ・ディスプレイ・システムに置き換わる可能性があると予測する。導入の方法は一通りではなく、計器盤のようなディスプレイを通した表示や従来のセンター・スタック・ディスプレイで表示される可能性もあるが、大半はドライバーが最もなじんでいる視線の動きに合わせてドアパネルかAピラーに設置される見込み。
 
 運転支援の面では、カメラによる視認性強化はすでに一般的で、駐車アシストからホンダの「レーンウォッチ」に至る多くの技術で活用されている。25年には運転支援や自動運転システムのためにサイドミラー・カメラ・センサーを搭載した車が180万台以上生産される見通しで、このうち23%では従来のサイドミラーが完全になくなると予想される。
 
 こうしたミラーの置き換えは、消費者が好む新しい魅力を追加し、自動車メーカーが車内の新しい場所で情報を提供する可能性を提供する。また、新参のサプライヤーにとっては車載カメラ・システム、ディスプレイ、システム電子制御ユニット(ECU)、ミラーといった需要に応える機会にもなる。IHSのジェレミー・カールソン氏は「この新技術は、次の段階の技術革新で『あれば便利な機能』という枠を超え、自分で運転するか自動運転かにかかわらず包括的な車載体験に不可欠な機能になる」と指摘する。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-7-4

    第50回 いつか帰りたい

    あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  4. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  5. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る