トランプ、洗濯機と太陽光パネルに輸入制限発動

 トランプ政権は22日、家庭用洗濯機や太陽光発電パネルの輸入品に対する緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表した。国内大手家電メーカーのワールプールや再生可能エネルギー産業など、衰退の危機にある業界の要望に応えた。
 
 ロイター通信によると、連邦機関の国際貿易委員会(ITC)がそれぞれの輸入品について「国内メーカーに対する重大な打撃の要因になっている」と認定し、セーフガード発動を勧告したのを受けて、大統領が連邦通商法201条に基づく強硬措置に踏み切った。
 
 セーフガードの発動期間は、家庭用の大型洗濯機が3年間。1年目の輸入品120万台までは現行の関税に加えて20%、それを超えた場合は50%の追加関税を課す。2年目以降はいずれも追加関税率を下げる。太陽光パネルは4年間で、1年目には30%の関税を課し、段階的に関税率を下げて4年目には15%にする。
 
 洗濯機の関税はITCの勧告を上回ったが、太陽光パネルの関税は国内生産者が望む数字より低かった。輸入制限は国内メーカーの保護を目標としているものの、消費者には洗濯機や太陽光パネルの購入コストが上昇する可能性がある。
 
 洗濯機の輸入制限は、サムスン電子とLG電子の両韓国メーカーへの打撃になる。サムスンは最近サウスカロライナ州で洗濯機の生産を開始し、LGはテネシー州で洗濯機工場を建設している。
 
 太陽光パネルの輸入制限は、中国メーカーの対米輸出を念頭に発動された。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  2. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  3. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  5. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る