アルファベット、グーグルのハード部門とネストを統合

 グーグルの持ち株会社アルファベットは、これまで個別に展開していたスマートホーム部門ネストをグーグルのハードウェア部門に統合した。グーグルのハード部門は、スマートフォン、ラップトップ、スピーカーなどのデザインで成長しており、ネストはビデオ機能付きドアベル、防犯カメラ、高機能サーモスタットなど人の行動を学習して設定を自動調整する機器を販売している。
 
 ロイター通信によると、部門統合はグーグルのハード部門を率いるリック・オスターロー氏とネストのマーワン・ファワズCEOがブログで発表した。両チームの統合で、家をさらに安全で環境に優しく、手に入れやすくするという「ネストのミッション」を大幅に強化できると説明している。
 
 グーグルの広報担当者によると、効率改善を目的とした統合ではないため、ネストの役割が大きく減ることはなく、オフィスも当面はこれまで通り別々になる。両部門はすでにハード開発で協力を始めており、2017年はネストの施設でグーグルのスピーカーの音響試験を行った。
 
 グーグルが14年に32億ドルで買収したネストは、15年の親会社アルファベット設立に伴い単独事業として業務展開してきたが、アルファベットは過去3年間、ネストの買収に関する減損費を計上しておらず、16年にはネストの売却を検討したこともある。
 
 ただ、ネストはアルファベットのアザーベッツ(その他の事業)分野の稼ぎ頭 で、17年は12億ドルを売り上げた。ネスト以外のアザーベッツで売上高の大きい事業には、インターネット・サービスのアクセス(Access)やライフサイエンス 部門のベリリー(Verily)がある。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  2. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  3. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  4. 2014-7-20

    日本へ一時帰国スペシャル 案外成田が面白い!

     成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  5. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る