トヨタ、自動運転スタートアップへの投資拡大

 トヨタ自動車は、自動運転技術関連の新興企業への投資を拡大している。
 
 ロイター通信によると、子会社のトヨタAIベンチャーズはこのほど、大学のキャンパスやオフィス街などを低速で移動するための自動運転シャトルを開発しているミシガン州アナーバーの新興企業メイ・モビリティ(May Mobility)に1150万ドル投資することを決め、初回投資ラウンドをリードする企業の1つとなった。この投資にはBMWiベンチャーズも参加している。
 
 トヨタAIベンチャーズは、1年ほど前に設立されたシリコンバレーを拠点とするトヨタのベンチャー部門で、1億ドルの予算を持ち、これまでにボストン、ロンドン、テルアビブなど世界中の新興企業7社に投資している。各社に共通する要素は、自動運転車やオンディマンド配車サービス車を動かす人工知能(AI)、ロボット工学、ビッグデータといった先進技術で、マネジング・ディレクターのジム・アドラー氏は「技術革新がどこで起きているかを把握し、市場の創造的破壊を活用して、そういう変化の兆候を直接知ることがわれわれの任務の1つ」と説明する。
 
 7社の内訳は、ロボット関連企業2社、自動運転車やドローン用地図作成の専門企業、ビッグデータを分析するAI企業、電動エアタクシーの開発会社など。アドラー氏は「自動車業界は技術革新や新しい移動技術の用途の急速な進化に囲まれている。トヨタを含む大手メーカーは、この変化に適応しなければならない」と話す。
 
 メイ・モビリティは、工事や混雑といった変動要因が少なく、すでにデジタル地図がある地域での自動運転マイクロシャトルという分野に焦点を絞っており、トヨタAIベンチャーズのこれまでの投資先より堅実に見える。アドラー氏は「完全自動運転車の実現には何年もかかると考えている。その道はこうしたサービスによって開拓される」と期待する。
 
 メイは2018年内に商用相乗りサービスを発表する計画で、アルファベットの自動運転車開発部門ウェイモも18年、GMは19年に、同様のサービスを始める予定だ。
 
 【https://www.reuters.com/article/us-toyota-selfdriving/toyota-ai-ventures-boosts-investment-in-self-driving-startups-idUSKCN1GA1HR】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2015-7-5

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 後編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  2. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  3. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...
  4. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  5. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る