P&G、17年にデジタル広告費2億ドル削減

 家庭用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、2017年にデジタル広告支出を2億ドル削減したと発表した。ITやメディア企業から提供された視聴情報によって、広告が標的とする消費者層に十分届いていないことが示されたため。
 
 ロイター通信によると、同社は世界最大の広告主で、デジタルメディア企業に圧力をかけ、広告視聴率の計算方法や広告代理店がいかに企業の広告予算を使っているかを開示するよう迫る運動の先頭に立っている。こうした運動に動かされ、フェイスブックやアルファベット傘下ユーチューブのような企業は現在、コンテントの質を調査して広告と無関係または不適切なコンテントを結び付けないようアルゴリズムを見直すようになっている。
 
 P&Gのマーク・プリチャード最高ブランド責任者は、1日にフロリダで開催された全米広告主協会(ANA)のメディア会合で「透明性の高まりで現実が見えるようになり、われわれは大きな変革につながる貴重な教訓を学んだ。透明性のある視聴データによって、携帯電話でニュースを知る消費者の平均広告視聴時間は 1.7秒とほんの一瞬であることが分かった」と話した。
 
 P&Gは、広告消費に関するこうした新情報によって17年はいくつかの大手メディア企業向けデジタル支出を20〜50%削減したという。4〜6月には1億ドル以上のデジタル支出を削り、残りの月に関しても同じペースで削減を続けた。
 
 しかし、全体のメディア支出はほとんど減らさず、デジタルで削った分はテレビ、音声、eコマースなどのメディア向けを増やした。テレビ、紙媒体、ラジオ、インターネット、店内広告を含むP&Gの17年世界広告コストは71億ドル(前年は72億ドル)に上り、このうち約3分の1がデジタル支出となっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-3-6

    最終回 闘う

     犬と人間の快適な生活のためにと7年5カ月休まず書き続けてきたこの「ドギーパラダイス!」も、...
  2. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  3. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  4. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  5. 2018-5-1

    おいしい肉をファストフードで提供 目標は全米主要都市に 「いきなり!ステーキ」

    日本に251店舗 日本の「いきなり!ステーキ」は、1号店を4年4カ月前にオープ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る