外国人に低価格医療保険サービスを提供 〜シリコン・バレー企業と東京海上が提携

 財務サービスおよび保険サービス提供のシリコン・バレー新興企業セイフティーウィング(SafetyWing、パロ・アルト拠点)は、外国在住者に低価格医療保険を提供するオンライン・サービスを立ち上げた。
 
 テッククランチ誌によると、ノルウェイ出身の起業家3人が設立した同社は東京海上と提携し、緊急治療向けのいわゆる外国旅行者医療保険を外国に住む人たちに販売する。
 
 加入者が払う保険料は、米国以外では月額37ドル、在米外国人の場合には32ドルが加算され69ドル。米国の医療費が極端に高いことが理由だ。
 
 保険対象は受診費用と処方薬代金で、予防治療目的の医療費や薬、そのほか、がんや糖尿病のように個人が以前から抱える疾患は対象外。
 
 若い世代のなかには、世界を転居しながらインターネットとデジタル機器を使って仕事する「ノーマッド(nomad)族」(定住場所を持たずに移動し続けながら放牧する民族を意味する言葉の転用)が増えている。
 
 セイフティーウィングは、そういった人たちを標的市場にした医療保険サービスの構築と同時に、米国内で働く多くの無保険外国人に保険を提供することを狙っている。米国の場合、特に農業に従事する外国人にとって、セイフティーウィングの保険がもっとも安い選択肢となる。同社では、同社の保険サービスの潜在的市場規模が世界で2500万人ほどと見積もっている。
 
 同社は、新興企業育成サービス大手のYコンビネーターを含む複数のベンチャー・キャピタル会社から総額50万ドルの立ち上げ資金を調達している。そのなかには、ノルウェイの政府機関が運営する革新ノルウェイ基金も含まれる。
 
 【https://techcrunch.com/2018/03/06/foreign-workers-can-now-get-health-insurance-abroad-with-this-new-startup/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  2. 2018-2-1

    忙しいあなたに コンビニエントフード

    茹でたパスタに絡めるだけ たらこ、明太子など4つの味 〜スパゲッティソース/S&B ...
  3. 2018-1-3

    全米中から熱視線 大谷翔平、エンゼルス入団

    エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  4. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  5. 2019-1-14

    NRI SecureTechnologies, Ltd.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるNRI SecureTechnologies, Lt...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る