外国人に低価格医療保険サービスを提供 〜シリコン・バレー企業と東京海上が提携

 財務サービスおよび保険サービス提供のシリコン・バレー新興企業セイフティーウィング(SafetyWing、パロ・アルト拠点)は、外国在住者に低価格医療保険を提供するオンライン・サービスを立ち上げた。
 
 テッククランチ誌によると、ノルウェイ出身の起業家3人が設立した同社は東京海上と提携し、緊急治療向けのいわゆる外国旅行者医療保険を外国に住む人たちに販売する。
 
 加入者が払う保険料は、米国以外では月額37ドル、在米外国人の場合には32ドルが加算され69ドル。米国の医療費が極端に高いことが理由だ。
 
 保険対象は受診費用と処方薬代金で、予防治療目的の医療費や薬、そのほか、がんや糖尿病のように個人が以前から抱える疾患は対象外。
 
 若い世代のなかには、世界を転居しながらインターネットとデジタル機器を使って仕事する「ノーマッド(nomad)族」(定住場所を持たずに移動し続けながら放牧する民族を意味する言葉の転用)が増えている。
 
 セイフティーウィングは、そういった人たちを標的市場にした医療保険サービスの構築と同時に、米国内で働く多くの無保険外国人に保険を提供することを狙っている。米国の場合、特に農業に従事する外国人にとって、セイフティーウィングの保険がもっとも安い選択肢となる。同社では、同社の保険サービスの潜在的市場規模が世界で2500万人ほどと見積もっている。
 
 同社は、新興企業育成サービス大手のYコンビネーターを含む複数のベンチャー・キャピタル会社から総額50万ドルの立ち上げ資金を調達している。そのなかには、ノルウェイの政府機関が運営する革新ノルウェイ基金も含まれる。
 
 【https://techcrunch.com/2018/03/06/foreign-workers-can-now-get-health-insurance-abroad-with-this-new-startup/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  2. 2018-4-1

    映画界復帰のきっかけは G・オールドマンからのオファーだった

     3月4日、ハリウッドのドルビーシアターで開催された第90回アカデミー賞。今年は日本人のメイ...
  3. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  4. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  5. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る