ツイッター、個人情報保護を強化 〜EUのGDPR発効に先駆け指針を改定

 ツイッター(Twitter)は同社のサービス利用規約(TOS=terms of service)とプライバシー保護指針を24日に変更した。ツイッター利用者はそれによって、自分の個人情報がどのように使われるかを確認できるようになる。
 
 マーテック・トゥデイ誌によると、今回の変更は、欧州連合(EU)が5月25日に発効させる一般データ保護規則(General Data Protection Regulation=GDPR)への準拠を図るもので、GDPR発効に先駆けて実施される。
 
 GDPRは、EU加盟国で暮らす個人のデータ保護強化を目的に策定された。EU内企業または欧州内の非EU加盟国で活動する企業からデータを受信する全企業に適用され、すべてのデジタル通信と取り引きが対象となる。GDPRを遵守しない企業には高額罰金が科せられる。 ツイッターは今回の変更について、個人情報の保護方針を明確にすると同時に使いやすくことが目的だと話した。
 
 【https://martechtoday.com/twitter-updates-tos-and-privacy-policy-to-comply-with-gdpr-214517】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  2. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...
  3. 2019-2-19

    HORIBA Instruments Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるHORIBA Instruments Incorpo...
  4. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  5. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る