17年の世界ワイン生産、60年ぶり低水準

 2017年はワインの世界生産量が過去60年で最低だったことが、国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV、本部パリ)のまとめで分かった。欧州の天候不順が主な要因。
 
 ロイター通信によると、17年の世界生産量は前年比8.6%減の2億5000万ヘクトリットル(hl)と、1億7380万hlだった1957年以降で最も少なかった。1hlは100リットルで、標準的な750ミリリットルのボトルだと133本強に相当する。欧州連合(EU)では、主要ワイン生産国がいずれも悪天候に見舞われ、生産量が14.6%減の1億4100万hlにとどまった。OIVの推定では、イタリアは17%減の4250万hl、フランスは19%減の3670万hl、スペインは20%減の3210万hlだった。
 
 フランス政府は「ボルドーやシャンパーニュといった主要生産地のほとんどが春の霜や干ばつ、暴風などの影響を受けたため、17年の生産は記録的な低水準だった」と説明する。これに対し、生産量世界4位の米国と7位の中国は比較的生産 が安定していた。5位はオーストラリア、6位はアルゼンチン。
 
 南米は傾向にばらつきが見られ、16年の生産量が非常に少なかったアルゼンチンは25%増加したが、チリは6%減少した。
 
 ワインの世界消費量は1.8%増加の2億4300万hlで、最大消費国は米国(3260万 hl)、2位はフランス(2700万hl)だった。消費量の伸びは中国が3年連続で首位となり、3.5%増の1790万hlだった。輸出量はスペインが市場の20.5%を抑えて首位を維持したが、輸出高ではフランスが90億ユーロで首位を守っている。世界輸出量は3.4%増の1億790万hl、輸出高は4.8%増の3000億ユーロだった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-3-1

    寿司、ラーメンに続け 日本の「定食」の認知度向上へ

    テキサス進出の好機  2016年3月にカリフォルニア州のパロアルトに1号店をオープンし...
  2. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  3. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  4. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  5. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る