トヨタ、欧米での次世代車事業拡大に注力 〜ミシガンに新施設、ロンドンに新会社

 トヨタ自動車は、米国と欧州での事業拡大策をさらに積極化させている。同社は3日、米国のミシガン州に自動運転車(AV=autonomous vehicle)開発向け施設の新設計画を明らかにした。同社はそれと同時に、英国のロンドンを拠点とする新会社トヨタ・コネクテッド・ヨーロッパ(TCEU=TOYOTA Connected Europe)を設立した。
 
 共同通信によると、ミシガン州のAV開発施設では、混雑した都会の道路や滑りやすい 路面、出入り口のある片側4車線の高速道路といった特異な状況を再現し、事故防止に向けた機能開発と試験を行う。
 
 同施設を設計するのは、研究&開発に特化した米子会社トヨタ研究所(Toyota Research Institute=TRI)。投資額は非公表。
 
 一方、TCEUでは、35〜50人を最初に雇用し、欧州市場向けの製品や移動サービスを含む事業展開を図る。TCEUは、欧州トヨタや販売店網と連携して、消費者や会社、政府機関向けに共用移動サービスや社有車群管理ソリューションを提供する計画だ。
 
 トヨタは、トヨタ・コネクテッド(TC)とモビリティー・サービス・プラットフォームをすでに構築しており、TCEUの事業開発にそれが応用される。
 
 TCは、自動車情報科学や機械学習、ビッグ・データ解析の分野における専門知識や経験を活かした移動サービスを、消費者や会社、政府向けに提供する事業を展開している。そのなかには、接続車向けのデジタル販促やテレマティクスといったサービスも含まれ、エイヴィスやウーバー、中国ディーディーらと提携している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  2. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  3. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る