5人に1人が「次はEV」〜AAAの米ドライバー調査

米消費者の間で電気自動車(EV)の購買意欲が高まっていることが、全米自動車協会(AAA)の最新調査で分かった。
 
■維持費の安さや最新機能
 
 エレクトリック・カーズ・リポートによると、AAA調査では、運転免許取得者の20%に相当する5000万人が「次に購入する車はEVにする可能性が高い」と答え、2017年の15%から大幅に増えた。AAAはEVの長所として、所有コストが平均より安い、航続距離が伸びた、先進安全機能が搭載されている…などを挙げている。
 
 AAAのグレッグ・ブラノン自動車工学ディレクターは「今やEVは主流を引き付ける魅力を持っている。購入動機の大部分は依然として環境に優しいところだが、米ドライバーは長期的なコストの低さや、多くのEVで提供されている最新機能にも引かれている」という。
 
■レンジ不安もかなり緩和
 
 米国人のEV評価が高まっている要因の1つは、航続距離に関する不安の緩和だ。「次の車にEVを選ばない」という人が挙げた理由は、「充電施設が不十分」が63%(17年から6ポイント低下)、「走行中の電池切れが心配」が58%(同10ポイント低下)だった。ただ、航続距離に関する不安の度合いは世代によって異なり、X世代は64%、ベビーブーマー世代は66%だったのに対し、Y世代(ミレニアル)は48%にとどまっている。
 
 EVやハイブリッド車(HV)を買うつもりがある人のうち、重要な判断基準として「航続距離」を挙げたのは87%に上ったが、それより高い92%が「信頼性」を挙げた。また、衝突事故安全調査の結果(77%)、コスト(71%)、加速やハンドリング(69%)、自動緊急ブレーキや車線逸脱防止システムのような先進安全技術(60%)を挙げる人も多かった。
 
 これに対し、スタイル、色、デザインが最も重要と考える人は34%と少なく、車のブランドを挙げる人は33%だった。
 
 いずれにしても、EVが大規模に普及するには適切なインフラの構築が不可欠になる。国内の充電ステーション数は18年現在で1万6000カ所を超えているが、外出中に充電する場合の妥当な待ち時間としては68%が「30分以下」と考えており、現実との間に差がある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)
 
■「モデルX」が高評価以下は、AAAが評価した18年の「Top Green Vehicle」(左は区分、右は車種)。
 
 全体:テスラ・モデルX 75D
 サブコンパクトカー:シボレー・ボルトEVプレミア
 コンパクトカー:日産リーフSL
 中型車:BMW530e iパフォーマンス大型車:テスラ・モデルS 75
 ピックアップ・トラック:フォード・F-150 4×4 XLT スポーツSUV/ミニバン:テスラ・モデルX 75D
 3万ドル未満のベストカー:キア・ニロ LX
 3万〜5万ドルのベストカー:シボレー・ボルトEVプレミア
 5万ドル以上のベストカー:テスラ・モデルX 75D

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  2. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  3. 2017-9-2

    第52回 第九を歌う 

     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  4. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  5. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る