ネスレ、IIoTと第4次産業革命に注力 〜世界中の413工場で大々的にデジタル化

 食品および飲料品世界大手ネスレ(Nestle)の技術者トム・ドーニー氏は23日、シカゴで開幕した自動化会議&エキスポ(Automation Conference & Expo)において、世界86ヵ国の413工場で進める産業用モノのインターネット(IIoT=Industrial Internet of Things)と第4次産業革命(Industry4.0)関連の取り組みについて講演した。
 
 ドーニー氏は、ネスレの開発センター(Development Center)に勤務する先進技術応用担当者。オートメーション・ワールド誌によると、ネスレは、機械監視や立体印刷、協働ロボット、デジタル・ツインズ(digital twins、物理的事象をデジタル上に模擬的に再現すること、または再現された事象)、仮想および拡張現実にいたるさまざまの技術の導入をそれらの工場で計画中だ。ドーニー氏は、自社工場の製品梱包ラインを例に出して、作業を監視する検知器に代表される各種の接続技術が工程の劇的効率化に貢献することを強調した。
 
 同氏はまた、立体印刷について製品包装設計にとって有用のツールと話した。
 
 同氏はさらに、協働ロボット(コーボット)をすでに14台導入し、大型設備の設置が難しい狭い場所での作業自動化に役立っていると評価。人や機械の作業場と近接した空間で製品をパレットに積む協働ロボットの働きぶりも動画で紹介された。
 
 デジタル・ツインズについては、異なるラインや場所からIIoTデータを集めて現場の様子をデジタル技術で再現することで、「参照モデル」とは異なる機械やラインの稼働実態を把握することが可能になった、と同氏は述べた。
 
 拡張現実や仮想現実技術については、潜在的に強力なツールであると評価したうえで、実用化には限界もあると同氏は分析している。たとえば、多くの工場作業員らはヘルメットや頭髪ネット、耳栓を使っているため、身体装着機器との併用が難しい場合も ある、と同氏は指摘した。
 
 【https://www.automationworld.com/article/food-and-beverage/nestle-samples-selection-iiot-industry-40】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-3

    国外退去の対象となる犯罪 パート②

    前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  2. 2018-4-1

    映画界復帰のきっかけは G・オールドマンからのオファーだった

     3月4日、ハリウッドのドルビーシアターで開催された第90回アカデミー賞。今年は日本人のメイ...
  3. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  5. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る