新社屋の用地探し、アップルは秘密主義

 IT業界の世界大手であるアップルとアマゾンは、いずれも新社屋の建設用地を探しているが、その探し方は極めて対照的だ。
 
 ウォールストリート・ジャーナルが関係者の話として伝えたところによると、アップルのティム・クックCEOは最近、ひそかにノースカロライナ州のロイ・クーパー知事と会い、ローリー/ダラム地区に大規模な顧客サービス施設を建設する可能性について話し会ったという。
 
 クック氏は5月13日、同州にある母校デューク大学の卒業式で祝辞を述べ、プライバシー問題のほか、銃規制や移民問題など政治的な話題に踏み込んだスピーチを行ったが、知事との会合は当日の予定にひっそりと組み込まれていたという。
 
 アップルは1月に技術サポート・スタッフを置く社屋の新設計画を発表して以来、その進行状況についてはほとんど公表しておらず、スマートフォンの元祖「iPhone(アイフォーン」の開発と同じような秘密主義を貫いている。
 
 これに対しアマゾンは2017年9月、20年間に5万件近くの雇用と50億ドル以上の投資をもたらす可能性がある第2本社(HQ2)の建設用地を探していると発表。同社が提示した詳細な条件に基づいて北米の238都市が名乗りを上げ、18年1月までに同社はローリー、ジョージア州アトランタ、ワシントンDC地区など20都市に絞った。年内には最終決定する予定という。
 
 アップルのクックCEOは3月、テレビのインタビューで「美人コンテスト風のやり方は信じないので、場所選びについては話さない」「アマゾンのような競争方式は1人の勝者と多くの敗者を生む。アップルでは都市1つを選ぶのに大勢に多大な手間をかけるやり方は避けており、われわれにできる最善の方法は双方が得をする場所を見つけること」と語った。立地戦略サービス会社ビギンズ・レイシー・シャピロのジェイ・ビギンズ氏によると、一般的には社屋の立地計画は極秘に進める企業の方が圧倒的に多く、新社屋の建設や本社移転を計画する企業の90%以上は探していることさえ公表しないという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  2. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  3. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  4. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  5. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る