カナダ銀2行にサイバー攻撃〜9万人の顧客情報流出か

 カナダの銀行4位バンク・オブ・モントリオール(BOM)と5位カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)は28日、大規模なサイバー攻撃を受け約9万人の顧客情報が盗まれた可能性があると発表した。
 
 ロイター通信によると、BOMの広報担当者は、一部顧客の個人情報や金融情報を所有していると主張する犯行集団から接触があったと説明。情報が流出したのはカナダの顧客約800万人のうち5万人未満とみられる。
 
 犯行集団は情報を公開すると脅迫しており、BOMは政府当局と協力して詳しい調査を進めている。攻撃は国外から仕掛けられたとみられ、情報流出につながった原因にはすでに対応済みだという。
 
 CIBCも、ダイレクトバンキング・ブランド「シンプリ(Simplii)」の顧客4万人の個人および口座に関する電子情報を盗んだと主張する犯行集団から連絡を受けた。まだ攻撃を確認したわけではないが、同行は主張を深刻に受け止めている。両行は顧客に連絡し、口座を注視して不審な動きがあれば報告するよう助言している。
 
 カナダの大手6行は、サイバー攻撃への防御体制を強化するため中央銀行のカナダ銀行と協力しており、カナダ銀は5月、一部の攻撃が成功するのは避けられないが被害を抑えるための対応メカニズムを導入していると発表していた。
 
 サイバー攻撃は増加しており、信用調査のイクイファクスによると、2017年はサイバー攻撃が原因で約1億4660件の名前、約1億4660件の生年月日、1億4550万件の米社会保障番号、9900万件の住所、20万9000件の支払いカード番号と有効期限が盗まれている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  2. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  3. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  4. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  5. 2016-12-5

    第20回 「ロゴはポートランドで起業」

    2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る