FBI、ルーターの再起動を呼びかけ 〜マルウェアによる利用者データ盗難に警鐘

 FBIは先日、インターネットに接続するルーターを再起動することを全利用者に呼びかけた。ロシアのマルウェア「VPNフィルター(VPNFilter)」に起因するセキュリティー懸念に警鐘を鳴らしたもの。
 
 ビジネス・インサイダー誌によると、VPNフィルターは、利用者に知られることなくルーターに自己実装して利用者データを盗み取る、とFBIはその危険性を説明した。現時点では約50万台のルーターがVPNフィルターに感染したと見積もれる。それらの大部分はウクライナに集中する。
 
 FBIによると、ルーターを再起動すると「マルウェアを一時的に混乱させ、感染機器の潜在的特定を助ける」。FBIはそれと同時に、ルーターの遠隔管理設定を無効化し、設定するためのアクセス認証語の変更を推奨している。
 
 また、ルーター更新用のソフトウェアが出されている場合には、すみやかに実装して更新することが望ましい。
 
 現在、市場に出回っているおもなルーターのブランドには、リンクシス(Linksys)やネットギア(Netgear)をはじめ、エイスース(Asus)、TPリンク、トレンドネット(TRENDnet)がある。
 
 VPNフィルターは、ブランドに関係なくルーターを感染させる。リンクシスとネットギアのルーターは世界市場で広く普及しているため、再起動と認証語再設定、そして更新ソフトウェアの実装が特に勧められる。 【http://www.businessinsider.com/sai】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-3-6

    最終回 闘う

     犬と人間の快適な生活のためにと7年5カ月休まず書き続けてきたこの「ドギーパラダイス!」も、...
  2. 2018-6-6

    第61回 弱みを無くす

    語弊があるかもしれないが、ざっくばらんに言って、動物の世界が弱肉強食であるように、人間世界も...
  3. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  4. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  5. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る