航空貨物、eコマース拡大で業績好調

 世界貿易をめぐる緊張が高まっているが、航空貨物業界ではeコマースの爆発的増加で需要が高く、収益も伸びている。
 
 ロイター通信によると、国際航空運送協会(IATA)はこのほど豪シドニーで開いた年次総会で、2018年の航空貨物需要は前年比4%増加すると予想した。最大の受益者は、キャセイ・パシフィック(香港)、エミレーツ(ドバイ)、ルフトハンザ(ドイツ)、大韓航空といった航空貨物大手。またeコマースの拡大は、UPSやフェデックスといった運輸大手、中古ジェット機の販売業者、「フレイトドッグ」として知られるパイロットなどにも恩恵をもたらす。
 
 航空貨物7位ルフトハンザのカールステン・シュポアCEOは「貨物環境は非常に堅調。インバウンド、アウトバウンドともに、おそらく自分がここ数年見た中で最高の環境」と話している。同社の貨物機は、輸出主導であるドイツ経済とeコマースで売られた商品のために行き帰りとも貨物を満載している。
 
 米国、中国、欧州を中心に貿易摩擦の緊張が高まっているが、業界はeコマースが拡大し続けオンラインで商品を購入し迅速な配達を望む人が増えると期待している。コンサルティング会社ICFのミレーヌ・ショルニック氏も「航空貨物は 貿易緊張の影響を受けるかもしれないが、比較的堅調なGDPの継続とeコマースに支えられる可能性がある」と見ている。キャセイのルパート・ホッグCEOによると、消費支出の増加がエレクトロニクスのような高級品の需要を推進しており「明らかに小売業界の地図は変化している。eコマースは成長を続け、小包みの動きもそれに続いている。当面状況が変わるようには見えず、それがベースロードを形成し始めている」という。キャセイの本拠地である香港は世界最大の貨物拠点。
 
 米国は鉄鋼やアルミニウムの輸入制限を発動しているが、それらが空輸されることは少ない。ルフトハンザのシュポア氏も「今の貨物の見通しを見る限り、貿易戦争はヨーロッパ人としては心配だが、ルフトハンザCEOとしては心配していない」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  2. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  3. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  4. 2018-3-1

    寿司、ラーメンに続け 日本の「定食」の認知度向上へ

    テキサス進出の好機  2016年3月にカリフォルニア州のパロアルトに1号店をオープンし...
  5. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る