財務デジタル化で雇用拡大か〜米企業17%が増員を予定

 企業の財務部門のデジタル化が、雇用の拡大につながる可能性がある。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、人材派遣会社ロバート・ハーフ・インターナショナル(Robert Half International、カリフォルニア州)が2017年10月〜18年1月、米・カナダ企業の最高財務責任者(CFO)など財務担当者1700 人を対象に実施した調査では、米回答者の17%が「デジタル改革の一環として会計や財務チームの拡大を予定している」と答えた。現行の水準を維持すると答えたのは59%、人員縮小を計画しているのは3%で、9%は雇用を凍結すると答えた。企業は財務分野の近代化に必要な専門力を社内で調達したいと考えており、これに伴い日常業務の自動化が進む可能性もあるが、ロバート・ハーフのポール・マクドナルド氏は「自動化プロセスを支援するための人材が必要になる」と見ている。
 
 ロバート・ハーフが財務関連のデジタル化に関する質問をしたのは今回が初めてで、前年比の数字はない。またCFOは、増加するデータを解釈しまとめる能力を高めるため、データ分析およびコミュニケーションやプレゼンテーションといったソフト技術を求めており、マクドナルド氏は「コンピューターの処理能力が上がる中、あらゆるレベルで分析力が求められている」と指摘する。
 
 人員構成に影響を与えているもう1つの要因として、米労働市場のひっ迫がある。失業率が低い間は企業が人員を減らす可能性は低いとみられ、「雇用主は、労働者を見つけるためだけでなく維持するためにあらゆる努力をしている」(マ クドナルド氏)という。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  2. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  3. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  4. 2016-3-27

    シリーズ世界へ! YOLO⑲クロアチア紀行 森とワインと国境と…

    クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブし...
  5. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る