ケーブルTV解約、18年は32.8%増か

 ストリーミング・サービスの利用拡大を受け、米国ではケーブルTVのサービス利用者が予想を上回るペースで減少している。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、オンライン広告リサーチ会社イーマーケターは最新分析で、2018年の有料テレビ解約件数は前年から32.8%(約800 万件)増えて3300万件に上ると予想。従来の2710万件から上方修正した。20年までには米人口の17%超に相当する約4500万人が有料TVの利用をやめると見ている。
 
 これに対し、ユーチューブ、ネットフリックス、アマゾン、フールーといったストリーミング方式のコンテント視聴者は、各社がオリジナル番組への投資を拡大する中で増加している。ただしネットフリックスは、4〜6月期の顧客増加数が予想の120万人には届かず67万人にとどまった。
 
 ネットワークのテレビ局は、ケーブル解約の増加で失った収入を捕うため、独自の強力なオンライン・サービスを開発する必要に迫られている。
 
 一方でケーブルTV業界は、成長分野の1つであるブロードバンド接続への依存を強めているほか、ストリーミング・サービスとの提携を図っており、チャーターは17年、有料TVアプリにネットフリックスを統合する計画を発表。数カ月後にはコムキャストもハイテク有料テレビサービス「X1」にネットフリックスを含めた。それでも18年1〜3月期はチャーターが12万2000人、コムキャストは9万6000人の動画顧客を失い、ベライゾン・コミュニケーションズも「ファイオス(Fios)」の動画顧客が3万7000人減少した。
 
 伝統的なメディア会社は動画ストリーミング・サービスを構築しており、ディズニー傘下ESPNは、大学の対抗試合、プロゴルフ、テニス4大大会といったスポーツのライブ放送を含む月4.99ドルのサービス「ESPN+」を立ち上げ、19年下半期には「スターウォーズ」や「モンスター・インク」など多くの娯楽資産を売り物にしたストリーミング・サービスを始める。
 
 またCBSは、14年に始めたストリーミング・サービス「CBSオール・アクセス」でオリジナル番組を増やしている。メディア間の合併も加速しており、AT&Tがタイムワーナーを買収したほか、ウォルト・ディズニーは21世紀フォックスのエンタテインメント資産買収を進めている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  4. 2015-10-26

    第86回 カリフォルニアのビーチ事情

     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  5. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る