サンフランシスコ市、新興2社にスクーター事業を認可

サンフランシスコ市は、新興の小規模な共用スクーター会社スクート・ネットワークス(Scoot Networks)とスキップ・スクーターズ(Skip Scooters)に、市内の道路で乗り捨て可能な電動スクーターのレンタル事業を独占運営する許可を与えた。期間は1年間。

ウォールストリート・ジャーナルによると、巨額の運営資金を集めて大量のスクーターを配置しているニュートロン・ホールディングス傘下バード・ライズ (Bird Rides)やライム(Lime)など業界大手を含む10社の申請は却下された。これらの会社は2018年春、市が規則を定める前に市内に計1000台以上のスクーターを配備しており、それを戒められた形となった。

また、最近共用スクーター市場に参入したモバイル配車サービス大手ウーバ ー・テクノロジーズやリフトにも許可は下りなかった。当局者らによると、自動車ライドシェア事業における過去の違反行為が影響したという。

スクート・ネットワークスはすでに同市でベスパのような電動スクーターの共用サービスを始めているほか、スペインのバルセロナでは自転車の共用サービスを提供している。スキップ・スクーターズはワシントンDCとカリフォルニア州オークランドで電動スクーターのサービスを提供している。

投資家らは、都市部の移動手段を変える可能性があるスクーター共用サービスの将来性に期待しているが、サンフランシスコの今回の決定は大手の事業展開に影響を与える可能性がある。

バードは創業16カ月で投資家の企業評価額が20億ドルに達したほか、ライムも創業20カ月で11億ドルと評価され、米国の新興企業で評価額が10億ドルを超えるまでの最速記録を樹立している。

しかし、両社は進出した都市から業務停止命令を受けることも増えており、こうした都市の多くはサンフランシスコと同様、レンタルスクーター事業の認可手続きを進めながら他の都市とも対応を話し合っている。これに対しバード、ライムの両社は強力な広報キャンペーンを展開して状況の改善を誓っており、加州サンタモニカ市はバードとライム、ウーバー、リフトに 事業展開を許可している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-4-3

    シモーン・きみか・ホリディ イーグルス盛り上げるNFLチアリーダー

     スポーツの枠を超えて、アメリカの国民的イベントとしての地位を築いているスーパーボウル。NF...
  2. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  3. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  4. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  5. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る