アマゾン・ゴー、ニューヨーク市に出店へ ~ シアトル、シカゴ、サンフランシスコにつづく

アマゾンは先日、キャッシュ・レジスターのない食料雑貨店「アマゾン・ゴー」をニューヨーク市に出店する計画を発表した。出店時期は公表されていない。

ロイター通信によると、店内に設置された多くのカメラや検知器と利用客のスマートフォン・アプリケーションによって、買い物客が持ち出す商品の合計金額が自動決済されるアマゾン・ゴーは、実在小売店のあり方を激変させる概念として注目されている。

客は、店舗玄関でスマートフォンをかざして入店し、カメラと検知器が、商品棚から買い物かごに入れられた商品を認識する。客が商品を手に取ったあとに棚にもどした場合でも正しく認識される。  

客は、買う商品をそのまま持って店を出るだけ。代金支払いは、専用のモバイル・アプリケーションに登録されたクレジット・カードで自動処理される。

アマゾン・ゴーの一号店は、同社拠点のワシントン州シアトルで2018年1月に開店した。同社は現在、シアトルで3店舗のアマゾン・ゴーを営業している。同社は、シカゴとサンフランシスコにも出店する計画で、ニューヨーク市は4都市目となる。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-7-30

    シリーズアメリカ再発見㊸ アートで再生! デトロイト

     「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  2. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  3. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...
  4. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  5. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る