ソフトバンク、オープンドア・ラブズに4億ドルを投資 〜 不動産売買サイトに期待

ソフトバンク傘下のベンチャー・キャピタル投資基金ソフトバンク・ヴィジョン・ファンド(SVF)は、住宅売買オンライン・プラットフォームを運営する新興企業オープンドア・ラブズ(Opendoor Labs)に4億ドルを投資する。

サンフランシスコ拠点のオープンドアは、3億2500万ドルの投資を6月に調達したばかり。オープンドアの将来性に対する投資業界の期待の大きさがうかがえる。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ソフトバンクはオープンドアの価値を20億ドル以上と評価し、投資の一部をオープンドアの既存投資会社からの株買い戻しに投じる方針だ。

オープンドアの共同設立者エリック・ウーCEOは、「1ヵ月に1都市ずつ市場を広げる計画だったが、今回の投資獲得によって1ヵ月に2都市を予定している」と話した。同社は現在、19市場でサービスを提供している。

不動産市場向け技術は、ソフトバンクが重視する業界の一つに位置づけられる。SVFは最近も、不動産仲介プラットフォーム新興企業のコンパス(Compass)が総額4億ドルの投資を集めた資金調達をカタール投資局とともに主導した。共用オフィス・サービス最大手ウィーワーク(WeWork)のほか、建築&建設新興企業カテラ(Katerra)、インドのホテル予約会社オヨ・ルームズ(Oyo Rooms)もSVFのおもな投資先だ。

ソフトバンクが不動産分野に注目する理由は、市場が巨大かつ細分化されており、したがって新興企業にも市場開拓できる余地があるためだ。

オープンドアは、住宅物件を買い取って改築し再販する事業を展開している。仲介業者と同じ値段で迅速に住宅を売却できる、と同社は考えている。同社は、さまざまのデータを使って的確な買取額を売り手に提示し、迅速かつ簡単な手続きの手数料として売買価格の6.5%(前年は8%だった)を請求する。

オープンドアのリスクは、公開しているすべての物件を所有する点にある。大きな在庫をかかえるのと同じ危険要因だ。住宅市場は近年、好況だが、現在、冷え込みが始まっており、主要市場のなかには売れ残り物件が増えているところもある。

同社は今後、住宅融資や住宅保険といった不動産関連金融サービスを即時契約できる サービスを追加し、売り上げ源の拡充を図る。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-3-4

    カブと豚ひき肉の カレー煮 ミツバと明太子のだし巻き卵

    旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  2. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...
  3. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  4. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る