塩野義のインフルエンザ治療薬にFDA承認

塩野義製薬は25日、1回の服用で治療できる抗インフルエンザ新薬「ゾフルーザ(XOFLUZA)」について連邦食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。

同社のプレスリリースによると、ゾフルーザは錠剤を1回服用するだけでインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる新薬で、日本ではすでに塩野義から発売されている。

塩野義はスイスの同業ロシュ・グループとゾフルーザの開発・販売で提携しており、日本と台湾以外での販売はロシュが行う。米国ではロシュ傘下のジェネンテックが数週間以内に販売を開始する予定。

世界では毎年、インフルエンザの流行で300万〜500万人が重症化し、65万人が死亡している(世界保健機関調べ)。

米国では毎年人口の3〜11%がインフルエンザにかかり、2017〜18年の流行期には90万人以上が入院、8万人以上が死亡した (疾病対策センター速報値)。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  2. 2017-4-2

    ホテル以上のリラックス空間 自宅以上の便利さと快適さ オークウッドプレミア東京

     2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  3. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  4. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...
  5. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る